【ニトリレディス】小倉彩愛&六車日那乃のアマ2人が好位置 新勢力に注目集まる

2020年08月29日 11時30分

小倉彩愛(代表撮影)

 国内女子ゴルフの「ニトリレディス」(北海道・小樽CC=パー72)は2人の新勢力が盛り上げている。2日目(28日)は小倉彩愛(19)、六車日那乃(18=千葉・麗澤高3年)のアマチュア2人がともに69で回り、通算5アンダーの4位。8アンダーで首位の笹生優花(19=ICTSI)と3打差の好位置につけた。

 ともに今年のプロテスト(最終は11月)を受験予定だったが、新型コロナウイルスの影響でテストは来年3月以降に延期。目標を見失いそうな状況でも小倉は「モチベーションが下がったとかはありません。昨年までと違い、ゴルフ以外の時間を楽しんでメリハリをつけたことで、逆にゴルフに集中できるようになったと思います」。不合格となった昨年の最終プロテストの後、腰痛の治療のため、1か月以上ゴルフから離れたことで考え方も変化したようだ。

 一方、高校3年生で今年が初受験となるはずだった六車も「(延期は)ラッキーだと思いました。上位で合格したいけど、今のままでは通るかどうかも分からないので、準備期間が増えたなと思っています」。周囲の心配をよそに本人たちはこの状況を悲観的には捉えていない。
 優勝すれば、プロテストは免除。前向きなアマチュアに勝利の女神はほほ笑むか。