【全英女子オープン】初日以上の悪条件…渋野2日目も伸ばせず12オーバー 予選通過は絶望的

2020年08月21日 21時24分

大会連覇を狙った渋野日向子

 女子ゴルフの今季メジャー初戦「AIG全英女子オープン」2日目(21日、ロイヤルトルーンGC=パー71)、5オーバーの71位から出た渋野日向子(21=サントリー)は78のラウンドで、12オーバーでホールアウトした。

 3番パー4で7メートルを沈めて、1つスコアを戻した渋野だったが、これがこの日の唯一のバーディー。7番パー4の2打目がグリーン左のバンカーのさらに左のラフへ打ち込むと、3打目はだるま落としのような形でほとんどボールが動かず、4オン2パットのダブルボギーとした。

 さらに続く8番パー3ではグリーン右のバンカーから寄せ切れずにボギー。上がり2ホールを連続ボギーとするなど、後半もスコアを落とした。

 この日はスタート時点から強い風と雨。初日のホールアウト後には「日本でこの風は台風の時ぐらいしかないんじゃないかと思いました」と話していたが、2日目はさらなる厳しいコンディションが待ち受けていた。

 渋野のホールアウト時点では予選カットラインは6オーバー。まだスタートしていない選手もおり、カットラインは下がる見込みだが、それでも予選通過は絶望的となった。