【NEC軽井沢72最終日】後藤未有はパット決まらず6アンダー14位で終戦

2020年08月16日 19時41分

通通算6アンダー14位に終わった後藤未有(左後方は葭葉ルミ=代表撮影)

 国内女子ゴルフの「NEC軽井沢72」最終日(16日、長野・軽井沢72G北C=パー72)、ツアー初優勝を狙って首位タイでスタートした後藤未有(19=やまやコミュニケーションズ)は74とスコアを落とし、6アンダーの14位に終わった。

 1番でバーディーを奪い好スタートを切ったが「2番パー5の2打目でチョロみたいなショットが出て、ボギーにしてしまって、波に乗れませんでした。今週、FWがうまく打てていなかったので、力んだのかなと思います」。その後もFW以外のショットは好調だったが、パットが決まらなかった。

 レギュラーツアーに常時参戦できる立場ではなく、来週はステップアップ(下部)ツアーにエントリー。18日開幕と中1日の強行軍となるが、地元・福岡でプロ初優勝に挑む。