【女子ゴルフ】8月27日開幕「ニトリレディス」賞金総額を2億円に倍増

2020年08月03日 12時32分

昨年の「ニトリ・レディス」を制した鈴木愛

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は3日、8月27日開幕の「ニトリレディス」(北海道・小樽CC)を安全確保の観点から無観客で開催し、今大会に限り賞金総額を1億円から2億円(優勝賞金3600万円)に増額すると発表した。

 LPGAの小林浩美会長(57)は「この度は、ニトリレディスゴルフトーナメントを開催していただき、厚く御礼申し上げます。さらに、出場選手のために賞金の増額をして下さり、望外の喜びです。ファンの皆さまには、より一層プロスポーツを通じた貢献ができますよう選手とともに頑張ってまいります」とのコメントを発表した。

 今季の国内女子ツアーは新型コロナウイルスの影響もあり、約4か月遅れて6月の「アース・モンダミンカップ」で開幕し、次戦は8月14日から「NEC軽井沢72」(長野・軽井沢72G北C)を予定。また、今後も政府および自治体の見解や新型コロナウイルス感染状況等、事態の推移に伴い、大会開催可否を含めて内容を変更する場合もあるという。