【米女子ドライブ・オン選手権2日目】河本結「我慢のゴルフ」で2差4位

2020年08月02日 15時23分

好位置につけた河本(ロイター=USA-TODAY-Sports)

【オハイオ州トレド1日(日本時間2日)発】米女子ツアー「ドライブ・オン選手権」2日目(インパネスC=パー72)、河本結(21=リコー)は2バーディー、1ボギーの71で回り、首位に2打差の3アンダー、4位と好位置につけた。首位には5アンダーでダニエル・カン(27=米国)ら3人が並んだ。

 なかなかショットでチャンスをつくれなかった河本だが「そのなかでボギーを最小限に抑えて、我慢のゴルフができたのは自信になりました」。前半はピンチもあったが、要所でパットを沈めた。

 好位置で迎える最終日に向け「ゴルフができる幸せをものすごく感じているので、たくさんの人に感謝の気持ちを持って、最後まで精一杯プレーできればいいなと思います」。同じ黄金世代の畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)、渋野日向子(21=サントリー)に続く、米ツアー制覇を狙う。

 野村敏京(27)は8オーバーの86位、2日が20歳の誕生日の山口すず夏(環境ステーション)は11オーバーの114位でともに予選落ちした。