【ゴルフ】ISPSがシニアツアー&チャリティー大会の開催を発表 尾崎将司ら出場

2020年07月15日 17時50分

 国際スポーツ振興協会(ISPS)は15日、都内で会見を開き、シニアツアー2試合と医療従事者支援を目的にしたツアー外のチャリティー大会2試合(男女各1試合)の開催を発表した。4大会とも入場無料でギャラリーを受け入れる。

「ISPSハンダ・コロナに喝!!シニア」(30、31日、静岡・朝霧CC)は今季のシニアツアー開幕戦で、国内で今年初めてギャラリーを入れて行われるゴルフトーナメント。

 同協会の半田晴久会長は「100%ということはないが、万全の対策をして行いたい」と話し、ギャラリーにマスク、ビニール手袋、フェースシールドを無料配布することを明かした。

 また、男子のチャリティー大会(9月14、15日、千葉・ゴルフ5Cオークビレッヂ)は尾崎将司(73=I・S・T)、女子のチャリティー大会(8月3、4日、静岡・伊豆大仁CC)は原英莉花(21=日本通運)らの出場を予定している。