【米男子ツアー】松山「ロケットモーゲージ・クラシック」初日は出遅れ87位 

2020年07月03日 12時00分

11番パー3で、左バンカーに入れたティーショットの方向を見る松山(ロイター=USA TODAY)

【ミシガン州デトロイト2日(日本時間3日)発】米男子ツアー「ロケットモーゲージ・クラシック」(デトロイトGC=パー72)初日、松山英樹(28=LEXUS)は4バーディー、3ボギーの71で87位と出遅れた。首位は7アンダーのケビン・キズナー(36=米国)ら3人。

 アウトから出た松山は3番で1.5メートル。4番では花道からの4メートルをパターで沈めて連続バーディー。7番でも伸ばす快調なプレーを見せる。

 ところが9、11番のパー3をいずれもボギー。13番パー4では奥ラフからのアプローチをグリーンオーバーさせて、ここもボギー。順位は3桁まで後退する。

 続く14番パー5で取り返したものの、不本意なスコアで初日を終えた。