【ゴルフ・女子ツアー】アース・モンダミンカップが悪天候でも中止にならず…月曜日に最終ラウンドが順延のワケ

2020年06月29日 11時00分

渋野は予選落ちとなってしまったが…(Getty Images/JLPGA提供)

【スポーツ情報局】ゴルフ担当記者 女子ゴルフの今季初戦となった「アース・モンダミンカップ」(千葉・カメリアヒルズCC)の最終ラウンドが悪天候により、月曜日(29日)に順延になりました。

 デスク 中止じゃなくて、順延とは珍しいな。

 記者 月曜日にプレーするのは女子ツアーでは1997年の「日本女子オープン」以来2度目、スポンサー競技では初の出来事です。すでに中止になった大会も含めて、今季の37試合中9試合しか予備日を設けていませんし、これまでは使われてきませんでした。

 デスク 予備日があっても使わないのか?

 記者 ツアーの規定で3日間大会は27ホール、4日間大会は36ホールで競技が成立します(国内メジャーを除く)。他の大会はほとんどが競技成立のための予備日なので、今大会のように72ホール完走のために予備日を使うことはないんです。

 デスク 新型コロナウイルス禍で初の大会、テレビ放送がなくインターネットでの生中継ということに加え、月曜日に順延と何かと異例だな。

 記者 テレビ放送がなかったのも、順延が可能になった理由の一つですね。放送枠を気にしなくても済みますから。当初最終日だった28日は朝の悪天候を見越して午前10時開始予定でしたが、地上波の中継があればここまで遅いスタートにはできなかったはず。

 デスク ネット中継はいいことずくめというわけか。ファンの満足度も高いんじゃないか。

 記者 今大会の中継は無料で、自社のCMすら入れずに放送しているので、視聴者は満足できたでしょうが、他の大会に同じことができるかとなると…。これこそ異例中の異例ですよ。