【女子ゴルフ】賞金女王・鈴木愛 3か月ぶりラウンドは「感覚が鈍って右に左に曲がっている状態」

2020年06月11日 16時21分

 今週開催予定だった「宮里藍サントリーレディス」(11日~、兵庫)の前年優勝者によるリモート会見が11日に行われ、鈴木愛(26=セールスフォース)が近況を報告した。

 先日、3か月ぶりのラウンドをしたことを明かし「練習場とコースは違うので難しかった」。ツアー通算16勝の昨季の賞金女王も“ブランク”には苦戦したようだ。

 オフにはスイング中の左右の体の動きを抑えるようスイングを改造した。3月の当初の開幕に向けては順調に仕上がっていたが「練習をお休みして、感覚も鈍っているので、今は右に左に曲がっている状態。かなりしっかり調整していかないと」。開幕戦に決まった「アース・モンダミン杯」(25日~、千葉)に向けて、ここからペースを上げる構えだ。

 来年までが一つのシーズンとなり「夏が2回来るので、体力的にも気持ち的にもしんどくなってくる。休める時に休んでおこうと思った」。この間、練習量を抑えたのは海外メジャーなどが延期になり、本来ならオフの期間に開催されることも想定しての判断。焦ることなく、準備を進めていく。