【国内女子ツアー】畑岡奈紗 今季初戦でシブコ、鈴木と激突

2020年06月05日 16時40分

畑岡奈紗

 国内女子ゴルフツアーの今季初戦で無観客開催となる「アース・モンダミンカップ」(25~28日、千葉・カメリアヒルズCC)に、米ツアーを主戦場とする世界ランキング4位の畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)がエントリーした。約5か月ぶりの実戦で、来夏の東京五輪の日本代表圏内の同12位の渋野日向子(21=サントリー)、同14位の鈴木愛(26=セールスフォース)と競演する。

 今季の畑岡は1月の米女子ツアーで2試合連続2位と好スタートを切ったものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響でツアーが中断。その後は国内で調整していた。

 そんな中、1日にはアビームコンサルティングとの所属契約が決まり「最高のパフォーマンスを発揮して共に世界の頂点を目指して戦ってまいりたいと思います」とコメントを出したばかり。まずは世界一を目指す戦いを日本からスタートさせ、7月下旬に予定されている米女子ツアーの再開を待つ。

 一方、入国制限の影響で前年覇者の申ジエ(32)ら韓国人選手を中心に、出場資格を持つ外国人選手の多くがやむなく欠場となる見込み。それでも畑岡の参戦により、開幕を待ちわびていたファンが期待するハイレベルな戦いが実現しそうだ。