小林浩美会長 ツアー無観客開催へ「大会14日前から検温」「行動ガイドライン作成」

2020年06月03日 16時09分

 新型コロナウイルスの感染拡大により、開幕から中止が続いていた国内女子ゴルフツアーの今季初戦として「アース・モンダミン杯」(25日~、千葉)の無観客開催を決めたのを受け、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の小林浩美会長(57)が3日、リモート会見を行った。

 小林会長は「プロスポーツが無観客で開催できる環境になったのは全国の皆さんのお力があってこそ。最小限の感染リスクに抑えるべく、準備を進めてまいります」と徹底した感染防止策の実施を約束。選手には大会14日前からの検温を義務付けるほか、食事、移動など、行動の指針となるガイドラインを作成中で、今週中に伝えるという。

 また、大会中の感染対策をまとめた開催マニュアルも作成。ただし「随時アップデートしている」として、この日は詳しい内容を公表しなかった。

 大会は4日間、インターネットで生中継されるが、今回は主催者が行うもので、JLPGAが目指しているツアー一括でのネット中継とは無関係とした。