飯伏の大ファン! 自粛生活の勝みなみ「ぶらり路上プロレス」

2020年05月21日 16時40分

リモート会見を行った勝みなみ

 自粛生活の楽しみは“路上プロレス”!? 今週末開催予定だったゴルフ国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディス」の前年優勝者として、勝みなみ(21=明治安田生命)がリモート会見を行った。日本女子プロゴルフ協会では今後も同様のリモート会見を計画している。

 昨年大会の勝は2日目に大会レコードの「62」をマーク。最終日はパープレーの「72」での逃げ切りVだった。「また優勝争いができたら最終日に伸ばして、いい試合がしたいなと思っていました。そこだけ悔いが残っていたので、今年やりたかったんですけど…」。昨季優勝の2大会、地元・鹿児島での大会、ホステス大会など、勝にとって、縁のある試合が新型コロナウイルスの影響で中止となった。

 それを残念がる一方で、すでに割り切ったところもある。「1試合でもいいから今年できたらいいなという思いです。いつ始まってもいい状況にはしているけど、今年は体づくりをメインに切り替えているので焦りはありません」。現在は可能な範囲でのトレーニングに力を入れている。

 それでも、自粛生活では体を動かす機会が減る。「食べる量は変わらないので太りました」と昨年12月のシーズン終了から体重が最大で5キロ増えたことを告白。そこから話題のダイエット動画「ハンドクラップ」を実践し1キロ減量。「あと1~2キロ減らしたらベストかなと思うので続けようと思います」と笑顔を見せた。

 趣味のプロレス観戦もできないなか、大ファンである飯伏幸太(38)も出演していた「ぶらり路上プロレス」(Amazonプライムビデオ)をチェックするマニアぶりを発揮。旅先で突如、試合が始まる異色の旅番組だ。

 さらに「棚橋(弘至)さんのインスタライブを見て、なかなかジムにも行けないなか、頑張って体を維持しているんだろなということが伝わってきて、自分も頑張ろうと思いました」。コロナ禍で試合ができない同じ境遇のレスラーたちから刺激を受けつつ、戦う準備を続けている。