7月全英&8月AIG全英女子は通常開催へ シブコ連覇への道開けた

2020年03月21日 16時40分

渋野が昨年優勝してトロフィーにキスした「AIG全英女子オープン」は予定通り開催予定(ロイター)

 世界最高峰の戦いはいつになったら見られるのか? 新型コロナウイルスの影響で男女のメジャーが次々に延期になる中で、「全英オープン」(7月16日~)、渋野日向子(21=サントリー)が2連覇に挑む「AIG全英女子オープン」(8月20日~)は予定通りの開催に向けて準備を進めている。当初の予定ではそれぞれ今季のメジャー最終戦となる。

 主催の英国ゴルフ協会(R&A)は新型コロナウイルスについての声明を発表。5月に予定していた学生やジュニアの国際大会を中止した一方で、男女のメジャーについては「予定を維持している」とした。

 男子は4か月後、女子は5か月後、ちょうど東京五輪を挟んでの開催。「状況が急変する可能性は認識しており、計画に変更があれば、随時知らせます」。対策を練る時間も残されているだけに、さまざまなオプションを検討しつつ、開催を目指す方針のようだ。

 すでに延期が決まった4月の「マスターズ」(ジョージア州オーガスタ)は10月開催説が流れ、周辺のホテルでは宿泊料金が高騰。通常料金での予約がホテル側から一方的にキャンセルされるなどの事態となっている。

 同じく延期になった5月の「全米プロ選手権」は一昨年までと同じ8月開催が噂されている。ただし、どちらの時期もすでにツアー日程は埋まっており、調整は困難なものとなりそうだ。