【米男子ツアー】松山「74」1アンダー55位でぎりぎり予選通過

2020年02月01日 10時34分

【アリゾナ州スコッツデール31日(日本時間1日)発】米ツアー「フェニックス・オープン」2日目(TPCスコッツデール=パー71)、13位スタートの松山英樹(27=LEXUS)は1バーディー、4ボギーの74とスコアを落とし、1アンダーの55位に後退した。2016、17年に連覇を果たした得意の大会だが、今年はぎりぎりでの予選通過となった。

 一方、98位から出た小平智(30=Admiral)は75のラウンドで、6オーバーの123位で予選落ちした。首位には13アンダーでツアー5勝のJ・B・ホームズ(37=米国)が立った。