【女子ゴルフ】吉田優利がブリヂストンと契約 “ポスト藍”だ!!

2020年01月23日 16時30分

新ボール発表会に出席した(左から)宮本勝昌、宮里優作、堀川未来夢、渡辺彩香、吉田、稲見

 ここにも藍の後継者!? ゴルフで一昨年の「日本女子アマ」と「日本ジュニア」を制した吉田優利(19)がブリヂストンスポーツと契約を結び、同社の新ボール発表会見(22日)に臨んだ。

 吉田が達成した同一年のアマ2冠は宮里藍(34=サントリー)以来15年ぶりの快挙。サントリーに所属が決まった渋野日向子(21=RSK山陽放送)はもちろん、藍と同じブリヂストンと契約した吉田も“藍の後継者”候補の一人だろう。

 今月中旬には知人を頼って単身ベトナムに渡り、1週間の合宿。「ホテルの前が海だったので砂浜を走ったり、ゴルフだけでなく、トレーニングにも力を入れました」。今後はアマ時代に2度出場している米女子ツアー「ISPSハンダ・オーストラリア女子オープン」(2月13日~)に参戦。国内開幕を前に海外でプロデビューを果たす。

 会見には昨季ツアー初優勝を飾り、1年目で賞金ランキング13位と躍進した稲見萌寧(20=都築電気)も出席。今季から同社のボールを使用する。稲見は世界ランクでも日本人4番手の54位につけており、東京五輪の日本代表も狙える位置。「世界ランク15位以内に入らなければ出られないと思うので、全試合勝つつもりで頑張りたい」と出場に意欲を見せた。

 新ボールは今週の米ツアー「ファーマーズ・インシュアランス・オープン」(23日~)でタイガー・ウッズ(44=米国)が実戦投入を予定。世界のスーパースターと同じボールで日本の若手も飛躍を狙う。