【米女子ツアー】畑岡奈紗 2日がかりのプレーオフに敗れ4勝目ならず

2020年01月20日 22時47分

【フロリダ州レークブエナビスタ20日発】日をまたいでの激闘となった米女子ツアーの開幕戦「ダイヤモンドリゾーツ・チャンピオンズ」(フォーシーズンズC=パー71)のプレーオフは、午前8時(日本時間午後10時)に6ホール目から再開。7ホール目でバーディーを奪ったガビー・ロペス(26=メキシコ)が制し、畑岡奈紗(21)はツアー4勝目を逃した。

 6ホール目はともにパー。7ホール目は畑岡が3メートルのチャンスにつけたが、先にロペスがロングパットを沈めてバーディー。畑岡のバーディーパットは左にそれた。

 畑岡は前日にプレーオフ3ホール目で脱落したリオ五輪の金メダリスト朴仁妃(31=韓国)と並んで2位となった。