シブコに続け!女子ゴルフ界19歳新ヒロイン候補・古江彩佳&安田祐香ぶっちゃけガールズトーク

2020年01月17日 11時00分

安田(右)と古江の新ヒロインコンビが2020年代の女子ゴルフを引っ張る

 昨季、国内ツアー史上7人目のアマチュア優勝を果たし、ひと足早くプロに転向した古江彩佳(19)、日本人初の「アジア太平洋女子アマチュア選手権」優勝などの実績を引っ提げ、プロテストに合格した安田祐香(19)――。黄金世代の渋野日向子(21)が大ブレークを果たした女子ゴルフ界で、新ヒロイン候補でもある「ミレニアム世代」の2人が、トークで激突だ。兵庫・滝川第二高時代は出席番号も並んでいたという仲良しコンビからは結婚の話題も飛び出した。

 古江:高校時代は学校に行けば会えたけど、卒業してからはあんまり会ってないよな。

 安田:出る試合も違ったし、ゆっくり話すのは半年前にご飯に行って以来?

 古江:そうだっけ? 今年、お互いにツアーに出ていれば、高校時代以上に会えるやろ。

 ――2人の時はどんな話を

 古江:ゴルフの話は全然。

 安田:結婚の話とかしたよな。私、何歳で結婚したいって言ったかな?

 古江:私は20代後半で結婚して、20代のうちに子供を産みたい。この間、手相を見てもらったら、私は人生で2回、結婚のチャンスがあって、早いほうがいいんだって。

(しばらくお互いの手相を確認)

 安田:私は遅いほうのチャンスしかないってこと? そんなん嫌や。遅くても30代前半では結婚したいのに…。

 ――お互いのプロ転向をどう見ていた

 安田:(古江の)「富士通レディース」(昨年10月)のアマチュア優勝は生で見たかったけど、私は出ていなかったので…。その後、初めて会えたのが(昨年12月上旬の)新人セミナーで、(1歳下の山下)美夢有と一緒にシュークリームを買って、泊まってる部屋にお祝いに行きました。

 古江:ただ遊びに来るだけかと思ってたから、お祝いしてくれてうれしかった。私は同世代の選手がツアーにたくさんいたほうが楽しいんで、プロテストもQT(予選会)もミレニアム世代のみんなを応援していました。祐香のことは絶対通ると思って、心配してなかったけど。

 安田:ホンマに?

 古江:取材で聞かれた時もずっとそう言ってましたよね?

 ――確かに言ってた

 安田:「えってぃ」(古江)は賞金で何か買ったの? 今までだったら買い物に行って、いいなあと思っても、やめとこうってなることのほうが多かったやろ?

 古江:何も買ってない。プロになって賞金もらっても、そういう感覚は何も変わらへんよ。

 安田:貯金ができるタイプやなあ。私は欲しいと思った物は普通に買えるようになりたいけど。

 ――貯金はしないの

 安田:買い物もして、将来のために貯金もしたいです。わがままですか?

 ――ツアーで2人が優勝争いをしたことはまだない

 古江:(一昨年7月の)「大東建託・いい部屋ネットレディス」が、一番2人とも上位にいた試合ですかね(安田3位、古江11位)。

 安田:プレーオフは嫌だけど、一緒に最終日最終組で回れたら絶対楽しいよな。

 古江:初めてプレーオフしたのって、小学6年生の…。

 安田:「アオノジュニア」(兵庫のジュニア大会)。3ホールぐらいやって、私が負けて泣いたと思う。私、よく泣くから…。多分合ってるんで、調べてみてください(※)。

※本紙が調べた結果、中学入学直前の2013年春、2人は小学校高学年の部に出場。3位に5打差をつけて首位に並び、4ホールのプレーオフの末に古江が優勝した。

 ――お互いのここは負けないってところは

 安田:バンカーショット…。いやトラブルショットですね。試合で実際にトラブルにならないと練習できないじゃないですか。私のほうがよくやってるんで。

 古江:祐香は距離が出て、アイアンをピタッと寄せて、パターも入るからなあ…。

 安田:全然入らへんよ。

 古江:FWキープは自分の長所だから、そこは勝ってるのかな。祐香もそんなに曲がるわけじゃないけど。

 安田:曲がるときは曲がるよ。ひどいとFWキープ率20%ぐらい。そういうときは1Wが合わないって言ってるけど、本当はどれで打っても曲がってる(笑い)。

 ――今季の目標は

 古江:関東の試合のときはディズニーに行く!

 安田:そういう目標でいいの? 私も冬しか行ったことないから、夏のディズニーにも行ってみたいな。

 ――ゴルフでは

 安田:私は前半戦の出場しか決まっていないので、その中で優勝できたらうれしいですね。

 古江:私も早くプロ初優勝ができるように頑張ります。

☆ふるえ・あやか 2000年5月27日生まれ。兵庫県出身。滝川第二高2年の17年にナショナルチーム(アマチュア日本代表)入りするなど、トップアマとして活躍。卒業後は六甲国際GCで研修生を務めた。昨年10月の「富士通レディース」でアマ優勝を果たし、プロに転向。最終戦で2位に食い込むなど4試合で約2000万円を稼ぎ出した。153センチ、54キロ。血液型=O。

☆やすだ・ゆうか 2000年12月24日生まれ。兵庫県出身。滝川第二高2年の17年6月「日本女子アマ」を制し、ナショナルチーム入り。卒業後は大手前大に進学した。昨年4月の「アジア太平洋女子アマ」で日本人初優勝。この資格で海外メジャー2試合に出場し、いずれも予選通過を果たした。ファイナルQT2位で今季前半戦の出場権を得た。163センチ、53キロ。血液型=O。