バンカーから「巨大キノコ出現!?」 本紙中西記者が「関西スポーツ紙写真部長会賞」最優秀賞受賞

2019年12月20日 16時00分

最優秀賞に選ばれた本紙・中西弘之記者が撮影した「巨大キノコ出現!?」

 大阪、神戸、名古屋のスポーツ紙7社と共同通信社で構成する関西スポーツ紙写真部長会は19日、2019年の「関西スポーツ紙写真部長会賞」各賞を発表。最優秀賞に、女子プロゴルファーの木村彩子選手がバンカーショットで大きく砂煙を舞い上げる様子を捉えた本紙・中西弘之記者の「巨大キノコ出現!?」が選ばれた。

 加盟8社の写真記者が今年1年間に撮影し、選考の対象になった395点の写真から選出。受賞作品を含む53点が来年1月9日から15日まで、大阪・梅田の「ニコンプラザ大阪 THE GALLERY」で展示される(入場無料)。

【関連記事】