【国内女子ツアー】渋野 賞金女王へ無欲の境地

2019年11月28日 16時30分

プロアマ戦に出場した渋野(右)は笑顔で小林会長とハイタッチ

 女子ゴルフの今季最終戦「ツアー選手権リコーカップ」(28日開幕、宮崎CC)を前に、渋野日向子(21=RSK山陽放送)が新境地に達した。

 ツアー本格参戦1年目とあって、メンタル面でうまくコントロールできないこともあったが、メジャー「AIG全英女子オープン」優勝で脚光を浴びると、国内ツアーでも4勝を積み上げ、現在賞金ランキング3位と最終戦まで“女王争い”を繰り広げる中で、渋野は「5回優勝して、優勝した次の試合へ、気持ちの向け方がわかってきた」という。

 前週の「大王製紙エリエールレディス」で優勝した際も、賞金女王を意識しなかったことで好結果が出たと自己分析していたように、最終戦も自然体で臨むことが最適と判断し
たようだ。

 27日には「笑顔で終われるように頑張りたい」「無事に完走できたらいいな」と無欲を強調した。

 賞金ランキングトップの鈴木愛(25=セールスフォース)と約1500万円差で、単独2位以上になれば逆転も狙える。しかも渋野は大会最終日(12月1日)に21歳16日で、2007年に上田桃子がマークした最年少賞金女王の21歳156日を更新するだけに注目の最終戦となる。