【国内女子ツアー】渋野VS鈴木 賞金女王だけじゃないもう一つの争い

2019年11月27日 16時30分

競り合っている渋野(左)と鈴木

【スポーツ情報局】ゴルフ担当記者 国内女子ゴルフの今季最終戦「ツアー選手権リコーカップ」(宮崎CC)が28日に開幕します。この試合で今季の賞金女王が決まりますね。現在1位は約1億5300万円で鈴木愛(25=セールスフォース)。2位は約1億3800万円の申ジエ(31=韓国)で、渋野日向子(21=RSK山陽放送)が約12万円差の3位と女王争いが注目です。

 デスク 鈴木が今大会で単独2位以内なら女王に決まるけど、優勝賞金は3000万円。渋野にも十分にチャンスはある。ここまで大逆転の連続で賞金を積み重ねてきたんだから、最終戦でもって期待してしまうよな。

 記者 ただ、2人のバトルは女王争いだけではありません。来夏の東京五輪出場に向けても競り合っていますね。

 デスク 各国ともに世界ランキングの上位2人が五輪代表になれるんだったな。2人はどういう状況にあるんだ?

 記者 25日に発表された世界ランキングで日本人トップは畑岡奈紗(20=森ビル)の5位。「大王製紙エリエールレディス」でツアー4勝目を挙げた渋野は12位、鈴木は17位ですが、2人とも「東京五輪に出たい」と話していました。

 デスク 五輪代表が決まるのは来年6月末時点の世界ランクか。上位15位に入れば1か国4人まで五輪に出られるので、渋野も鈴木も来シーズンは開幕からガンガン活躍してもらって、2人とも15位以内にランクされればいいだけの話だな。

 記者 それはそうですけど…。