エリエールレディス劇的な逆転V 渋野日向子がシブ~い祝宴!?

2019年11月26日 16時30分

テレビマッチに出場した(左から)石川、勝、チャンプ、渋野、香妻陣一朗、原英莉花(広報事務局提供)

 24日まで行われた国内女子ゴルフ「大王製紙エリエールレディス」で、劇的な逆転Vで今季国内4勝目を挙げた渋野日向子(21=RSK山陽放送)が意外な祝宴の様子を明かした。

 25日に宮崎のトム・ワトソンGCでテレビマッチの収録があるため、優勝直後に移動を開始。「エリエール」の会場の愛媛から宮崎へはフェリーなどを利用したため、到着は深夜の1時過ぎだった。ホテルでしっかり寝られたのは3時間ほど。それでも「私はフェリーでも車でも寝ていたので」と元気な様子を見せた。

 夕食も移動の合間を縫ってのささやかなもの。「優勝した夜って結構ワーワーする感じかなと思ったんですけど、時間もなくて、フェリー乗り場でみんなで海を眺めながらカップ麺でした(笑い)」。それでも、優勝の余韻に浸りながらの一杯だけに「すごくおいしかったです」と振り返った。

 番組ではキャメロン・チャンプ(24=米国)と組んで、石川遼(28=CASIO)、勝みなみ(21=明治安田生命)らと対戦。米ツアーナンバーワンの飛ばし屋チャンプについては「ヤバかったですねぇ。違うぞって思いました」。また初対面の石川とはお互いに「かっこ良かった」という第一印象を口にした。

 28日からの「ツアー選手権リコーカップ」(宮崎)は賞金女王をかけた最終戦。「望みはつなげられたと思うけど、それは考えないようにして、自分のプレーをできたらなと思います」。なお、この日のテレビマッチの模様は「京セラフェニックスチャレンジ」として12月22日午後4時からMBS、TBS系で放送される。