【国内男子ツアー】松山 2度も木に当て13位

2019年11月23日 13時00分

 男子ゴルフの松山英樹(27=LEXUS)が、もどかしい戦いを続けている。

 1年ぶりの国内ツアーとなった「ダンロップフェニックス」(宮崎・フェニックスCC=パー71)で初日(21日)に5アンダーの3位と好スタートを切ったが、2日目(22日)は1番パー4で2度も木に当てるなど7オン2パットの「9」を叩いて75のラウンド。通算1アンダーの13位に後退し「なかなか連続で木に当たることはない。運が悪かった」と肩を落とした。

 優勝からは2年以上も遠ざかっている。9月に開幕した米ツアーの新シーズンも日本開催の「ZOZOチャンピオンシップ」(10月)で2位に入ったが、今大会のように波に乗り切れないのが現状だ。悲願のメジャー制覇、2020年東京五輪へ向けても、そろそろ上昇気流に乗りたいところだが…。