【国内女子ツアー】渋野 9位後退も巻き返しに手応えは十分

2019年11月23日 13時00分

「大王製紙エリエールレディス」(愛媛・エリエールGC松山=パー72)2日目の22日、賞金ランキング3位の渋野日向子(21=RSK山陽放送)はやや停滞。70とスコアを伸ばしたものの、初日の2位から通算7アンダーの9位に後退した。

「パットが全然ダメでした」と連続バーディーもあれば、連続ボギーもありのゴルフで終盤までイーブンパー。それでも17、18番と連続バーディーで締めて「いい上がり方だったと思います」と振り返った。予選落ちに終わった先週は、2日間で1つしかなかったパー5のバーディーが今週は6つ。「スコアも全然違いますし、パー5でバーディーを取れているのが大きいですね」。巻き返しに向けて手応えは十分だ。