暴言の笠りつ子 エリエール・レディスを「一身上の都合」で欠場

2019年11月16日 17時50分

笠りつ子

 10月の「マスターズGCレディース」の会場で大会関係者に暴言を吐き、日本女子プロゴルフ協会(LPGA)から今週、厳重注意処分を受けた笠りつ子(32=京セラ)が21日開幕の「大王製紙エリエール・レディス」(愛媛)を欠場することが16日、発表された。

 笠は問題発生以降、ツアー出場を自粛。同大会にはエントリーしており、復帰するとみられていたが、15日にマネジメント会社を通じ、LPGAに「一身上の都合で欠場」との連絡が入ったという。

 今季の最終戦となる翌週の「LPGAリコーカップ」(28日~、宮崎)は今季のツアー優勝者と賞金ランク30位までの選手が出場。笠は現在、賞金ランク29位で出場権を得られるか、微妙な状況となっている。