【女子ゴルフ】古江彩佳がプロ転向会見「ジュニアから憧れられる選手に」

2019年10月29日 13時11分

プロ転向会見で笑顔を見せる古江

 女子ゴルフの「富士通レディース」で史上7人目のアマチュア優勝を果たした古江彩佳(19)が29日、都内で「プロ転向およびブリヂストンスポーツゴルフ用品使用契約発表会」に出席した。

 宮里藍さん(34)、畑岡奈紗(20=森ビル)以来となるプロ転向会見に「(2人と)同じことができたのが、自分自身信じられないですし、たくさんの方々に集まっていただいて、驚いております」と心境を述べた。

 会見では、ブリヂストンスポーツ契約の宮里さんがビデオメッセージで「チームブリヂストンの一員になるということで、個人的にうれしく思っています。いろんな環境の変化があるとは思うんですけど、今の古江さんらしく、本当に笑顔がすてきだなと思っているので、小柄なことをハンデにせず、そこを強みに変えて素晴らしい選手になってほしいと思います」とエールを送ると、古江は「藍さんとこれからも一緒の活動の場があるんだなと思うと、すごくうれしいです」と笑みを浮かべた。

 今週の11月1日に開幕する「樋口久子三菱電機レディス」がプロデビュー戦となる古江は「子供のころからの夢である賞金女王になることと、ジュニアゴルファーから憧れられる選手になりたいです」と抱負を語った。

 現在のゴルフ界はシブコフィーバーで大盛り上りを見せている。「さらにゴルフ界を盛り上げていけるような第一人者として頑張っていけたらなと思います」。ニューヒロインが、プロとしてシブコ超えを目指す。