【米男子ツアー】松山 今季初戦はイーブン発進

2019年09月27日 12時05分

【カリフォルニア州ナパ26日(日本時間27日)発】米男子ツアー「セーフウェー・オープン」(シルバラード・リゾート=パー72)初日、この試合が2019~20年シーズン初戦となる松山英樹(27=LEXUS)は3バーディー、3ボギーの72だった。午前組の首位は7アンダーのアダム・スコット(39=オーストラリア)。午後スタートの小平智(30=Admiral)は2アンダーだった。

 新シーズン最初のホールだった10番で松山はグリーン手前のバンカーから奥のバンカーに入れるミスでボギー。それでも16番で7メートルを決めて取り戻すと、アウトでも4、5番で連続バーディーを奪った。

 過去2シーズンは勝利なし。来月には日本での「ZOZOチャンピオンシップ」も控えるだけに調子を上げていきたい。