【国内女子ツアー】イ・ミニョン 笑顔でプレーし今季2勝目

2019年09月08日 17時24分

イ・ミニョンは自ら描いたスマイルマークを見ながらプレーした

 国内女子ツアー「ゴルフ5レディス」最終日(8日、茨城・ゴルフ5Cサニーフィールド=パー72)、首位スタートのイ・ミニョン(27=韓国)が68をマークし、16アンダーで今季2勝目を飾った。同じく68で回った黄金世代の浅井咲希(21=小杉CC)が、申ジエ(31=韓国)と並んで15アンダーの2位に食い込んだ。

 このところ、惜敗が続いていたイは「久しぶりに優勝ができたのでホッとしています」。16番パー4で約20メートルのバーディーパットを放り込み、混戦から一歩抜け出した。

 前日に自らキャディーバッグに大きくスマイルマークを描いた。「笑顔でプレーしたかったので、いちいち見て笑っていました」。日本ツアー3年目ですっかり上手になった日本語で、その理由を説明した。

「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」(12日~、兵庫)でも笑顔をキープし、メジャー初制覇を狙う。