【米女子ツアー】畑岡奈紗 後半失速も12位で予選通過

2019年07月06日 12時00分

【ウィスコンシン州オネイダ5日(日本時間6日)発】米女子ツアー「ソーンベリークリーク・クラシック」(ソーンベリークリーク=パー72)2日目、2打差の4位からスタートした畑岡奈紗(20=森ビル)は5バーディー、1ボギーと1ダブルボギーの70で回り、通算10アンダーの12位となった。

 上原彩子(35=モスバーバー)は68で回り、通算7アンダーの39位で決勝ラウンドへ進出。横峯さくら(33=エプソン)は74で通算2アンダーの93位。山口すず夏(18=環境ステーション)は75で通算3オーバーの134位となり、ともに予選落ちとなった。前週Vの朴城ヒョン(25=韓国)が通算17アンダーで首位。

 畑岡は前半で4つ伸ばすも、16番でダボ。最後もボギーと失速。決勝ラウンドへ向けて「もったいないミスをなくしてチャンスを作りたい」と話した。