【全米女子プロ2日目】畑岡「72」通算4オーバー53位で予選通過

2019年06月22日 11時13分

【ミネソタ州チャスカ21日(日本時間22日)発】女子ゴルフのメジャー第3戦「全米女子プロゴルフ選手権」(ヘーゼルティンナショナルGC=パー72)2日目、82位から出た畑岡奈紗(20=森ビル)は1バーディー、1ボギーの72で回り、通算4オーバーの53位で予選を通過した。

 初日、まさかの出遅れとなったが、この日も2番パー4でボギーが先行する嫌な展開。だが、7番パー5のバーディーで挽回すると、その後は粘りのゴルフでパープレー。カットラインを気にしながらのラウンドだったが、予選落ちは逃れた。

 他の日本勢は、62位から出た横峯さくら(33=エプソン)は3バーディー、5ボギーの74と落としたが、通算5オーバーの66位でギリギリ予選を通過。8オーバーで終えた上原彩子(35=モスバーガー)、11オーバーの山口すず夏(18=環境ステーション)は予選落ちとなった。

 首位はハナ・グリーン(22=オーストラリア)が守り、通算7アンダーで2位のアリヤ・ジュタヌガーン(=タイ)に3打差をつけている。