【米女子ツアー】畑岡奈紗が猛追で2位

2019年06月17日 16時30分

【ミシガン州グランドラピッズ16日(日本時間17日)発】米女子ゴルフ「メイヤー・クラシック」最終日(ブライズフィールドCC=パー72)、首位と6打差の9位でスタートした畑岡奈紗(20=森ビル)は1イーグル、6バーディー、1ボギーと65のラウンドで猛チャージし、通算20アンダーまで伸ばしたものの、1打及ばずに2位だった。

 安定したショットを武器に15番パー3までに6バーディー奪取。16番パー4で痛恨のボギーも最終18番パー5ではイーグルを奪ってフィニッシュし、2位で最終組を待った。しかし首位のブルック・ヘンダーソン(21=カナダ)が16番パー4でボギーとし、1打差にまで迫ったものの、最後は逃げ切られた。横峯さくら(33=エプソン)は5バーディー、2ボギーの69で回り、通算12アンダーで16位だった。

 次戦は今季メジャー第3戦「全米女子プロ」に臨む畑岡は「安定したプレーができて今週一番いいスコアで上がれたので良かった。いい流れで来ているので、引き続きこの調子をキープしたい」と先を見据えた。