【全米OP】松山リラックス「景色最高」

2019年06月13日 11時30分

【カリフォルニア州ペブルビーチ発】男子ゴルフのメジャー第3戦「全米オープン」の出場選手が開幕を2日後に控えた11日(日本時間12日)、会場のペブルビーチGLで練習し、7年連続で挑む松山英樹(27=LEXUS)は午後に後半9ホールを丁寧に確認した。太平洋を望む風光明媚な会場で「難しい。コースは狭いし、グリーンが小さい。でも景色は最高」とリラックスした表情だった。

 5月の「全米プロ」は16位、その後出た「メモリアル・トーナメント」は6位に入った。今季平均の数値が100位台に低迷する課題のパットは、スタンスを狭めるなど修正を続け「悪くないと思う。良い方向に向かっていると信じている」。2年前に2位に入った大会で「(優勝の)チャンスはあるから、それを目指したい」と終始明るかった。