【全米女子OP・初日】勝みなみと新垣比菜は揃って43位発進

2019年05月31日 12時00分

【サウスカロライナ州チャールストン30日(日本時間31日)発】女子ゴルフのメジャー第2戦「全米女子オープン」(チャールストンCC=パー71)初日、多くの選手が強風に悩まされた午後組では黄金世代の勝みなみ(20=明治安田生命)、新垣比菜(20=ダイキン工業)がともに72で回り、1オーバーの43位と粘りを見せた。直前で出場権をつかんで強行軍の勝は、出だしの10番パー4でバーディー発進。後半の5番パー5ではグリーンサイドからチップインバーディーと初のメジャーで見せ場をつくった。
 
 やはり午後のプレーとなったアマチュア2人は苦しい初日。昨年の「日本女子アマ」優勝の吉田優利(19=ウェルネススポーツ大1年)は78で7オーバーの134位、同2位の上野菜々子(18)は77のラウンドで6オーバーの125位と揃ってメジャーの洗礼を浴びた。