【米女子ツアー】全米女子オープン 勝みなみぶっつけ本番でも大丈夫

2019年05月29日 16時30分

勝はリラックスした表情で米国へと出発した

 女子ゴルフの勝みなみ(20=明治安田生命)が28日、自身初の海外メジャーとなる「全米女子オープン」(30日開幕、サウスカロライナ州チャールストン)に向けて成田空港から出発した。

 先週の「中京テレビ・ブリヂストンレディス」で今季2勝目を挙げ、27日付の世界ランキングで50位以内に飛び込み(前週54位↓46位)、出場権を獲得。「行って勉強してきなさいってことだと思う。もっと成長できると思うので、いろんな選手のプレーを見て、感じ取れるものがあれば」と心境を明かした。

 前日に慌ただしく準備を済ませ「忘れ物はないと思うけど、なぜか荷物が少ない。ウエアは入れたし、ボールも足りるはずだけど…」。プレーに必要なものについては心配なさそうだ。

 現地では28日午後(日本時間29日)に到着予定で、練習ラウンドができるのは開幕前日の29日のみ。当日はプロアマが開催されるため「回れるのはハーフだけかもしれない」とぶっつけ本番も覚悟している。ただし、今月初めの「パナソニックオープン」も初めてのコース。「プロアマが(悪天候により)ハーフで中止になったので、練習日と合わせてインを2度回っただけだった」。アウトは試合で初めてプレーしたが、結果は優勝。ぶっつけ本番を苦にしないことは証明済みだ。

 勝も「日本とは絶対違うコースなので『アレ?』って思うこともあるだろうけど、それも含めて楽しんでできたらいいなと思う」。今季は開幕前から結果ではなく「笑顔で楽しくプレーする」ことを目標に置く。初のメジャーでも、その意志を貫くつもりだ。