勝みなみ5位好発進 ウッズをイメージ!ぶっつけスライスが奏功=中京テレビ・ブリヂストンレディス

2019年05月25日 12時00分

 ゴルフの国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディス」初日(24日、愛知・中京GC石野C=パー72)、5アンダーで松田鈴英(21=ニトリ)ら4人が首位に並び、勝みなみ(20=明治安田生命)は4バーディー、ノーボギーの4アンダーで5位と今季2勝目に向けて好発進した。

 前半からスコアを伸ばしていた勝がピンチに陥ったのは11番パー4だった。ティーショットを右ラフに入れ、木を避けなければグリーンを狙えない状況。ここで選択したのは「練習したこともありません」というスライスだ。風に逆らい右へ曲がったボールはグリーンをわずかにこぼれたものの、その後は貴重なパーセーブとなった。

 ぶっつけのチャレンジでイメージしたのはタイガー・ウッズ(43=米国)だ。勝は「真っすぐしか打ったことがないけど、タイガーになったつもりで打ったら意外とうまくいきました。これからは遊びでも練習した方がいいですね」。

 ウッズに限らず、米男子ツアーは頻繁にチェック。「あんな体だったらゴルフが楽」と世界ランキング1位ブルックス・ケプカ(29=米国)の肉体にも憧れている。今季2勝目はもちろん、男子のスーパースターたちを参考にさらなる強さを身につける。