【米女子ゴルフ】全米女子OP前哨戦 畑岡奈紗、横峯さくら、山口すず夏が3差10位の好発進

2019年05月24日 12時00分

【バージニア州ウィリアムズバーグ23日(日本時間24日)発】米女子ゴルフ「ピュアシルク選手権」(キングズミル・リゾート=パー71)初日、日本勢はいずれも好調な滑り出しとなった。

 不調の原因だった気管支炎が癒え、4月の「ロッテ選手権」以来5週間ぶりの出場の畑岡奈紗(20=森ビル)は3バーディー、ノーボギーの68。4バーディー、1ボギーの横峯さくら(33=エプソン)、5バーディー、2ボギーの山口すず夏(18=環境ステーション)と並んで3アンダーの10位と好発進した。野村敏京(26)も2アンダーで回って29位につけた。

 首位は6アンダーでアンナ・ノードクイスト(31=スウェーデン)ら3人。30日開幕の「全米女子オープン」の前哨戦となる大会で日本勢は上位に食い込めるか。