ツアー初Vがメジャー! 渋野日向子の勝因はスマイル

2019年05月13日 16時30分

 新女王の“武器”はスマイルだ。女子ゴルフの国内メジャー初戦「ワールドレディスサロンパスカップ」最終日(12日、茨城・茨城GC東C=パー72)、黄金世代の一人、渋野日向子(20=RSK山陽放送)が71で回り、通算12アンダーでツアー初優勝を飾った。

 最終日は首位タイでスタートしたペ・ソンウ(25=韓国)とのマッチレース。16番でペがダブルボギーを叩き、終盤で2打リード。続く17番で「手が震える長さでした」という1・2メートルのパーパットを沈めた渋野が、そのまま逃げ切った。

 アマ時代に目立った実績はなく、黄金世代の中では地味な存在。「みんなとは別だと思っているので、これで追いついたとは思わない」。それでもこの世代のメジャー制覇は畑岡奈紗(20=森ビル)に続いて2人目だ。

 両親はともに会場からほど近い筑波大卒。今大会期間中は母の伸子さん(51)が学生時代にアルバイトしていた定食店で夕食を取った。「昨夜は肉野菜炒め定食。ラーメンをサービスしてもらって、食べ切れないほどでした」(父の悟さん)。両親の思い出の地で運命的な初Vを飾った。

 優勝賞金2400万円を加え、賞金ランキングは2位に浮上した。6月末の同5位以内なら「AIG全英女子オープン」(8月1日~)の出場資格が得られる。「初耳なんですけど、出てみたいですね」。メジャー優勝の3年シードも把握しておらず「えっ?」と驚いた様子だった。

「ミスをしてイライラしたところでスコアを落とす」と自己分析し、心がけているのは笑顔だ。最終日は緊張で「昨日までより少なかった」としながらも勝因には「笑顔」を挙げた。

 週明けは地元・岡山に戻り、所属先でもあるRSK山陽放送で定期的に出演する番組の収録に臨む。タイトルはくしくも「SUNDAYスマイルGOLF」だ。メジャーの舞台で笑顔の新女王が誕生した。