18歳の安田祐香が単独首位浮上

2019年04月27日 19時22分

首位に立った安田 (WAAP提供)

 ゴルフの「アジア太平洋女子アマ」3日目(27日、茨城、ザ・ロイヤルGC=パー72)、5位から出た安田祐香(18=大手前大1年)が67で回り、4アンダーで単独首位に浮上した。上がり4ホールで5つスコアを伸ばす大爆発で2打のリードを奪った。

 今大会は男子で2009年にスタートした「アジア太平洋アマ」(当初は「アジアアマ」)の女子版として昨年スタート。今大会が第2回大会で初の日本開催となる。

 男子も10年の第2回大会が初の日本開催(霞ヶ関CC)。当時大学1年の松山英樹(27=LEXUS)が優勝し、翌年の「マスターズ」切符をつかんだ(松山は11年の第3回も優勝)。

 今大会の優勝者は「エビアン選手権」(7月)、「AIG全英女子オープン」(8月)と2つのメジャー切符を獲得。状況的に重なる部分が多い中、安田が憧れの松山に続いて世界への扉を開けるか注目だ。