【マスターズ】松山の怨敵が首位

2019年04月12日 14時00分

首位に立ったケプカ(ロイター)

【ジョージア州オーガスタ11日(日本時間12日)発】今季のメジャー初戦「マスターズ」初日(オーガスタナショナルGC=パー72)、メジャー3勝のブルックス・ケプカ(28)が6バーディー、ノーボギーの66で回り、ブライソン・デシャンボー(25=ともに米国)と並んで6アンダーで首位に立った。

 ケプカは2017年の「全米オープン」で松山英樹(27=LEXUS)のメジャー初制覇の夢を打ち砕き、18年には「全米オープン」「全米プロ」を制覇。だが昨年1月に左手首を痛め「マスターズ」を欠場した。この日は後半12番から圧巻の4連続バーディー。昨年の悔しさを晴らすことはできるか。