「ゼウスインパクト」はルールを超えた飛び!

PR

提供:キャスコ株式会社

2019年04月10日 12時00分

2代目の「ゼウスインパクト」

【GOLF魅力の新ギア:特別編】「ルールに縛られない飛びを自由に楽しんでほしい」とのコンセプトで、シニア&エンジョイゴルファー向けに開発された「ゼウスインパクト」のニューモデルが発売開始となった。前作を上回る「超反発」の大型ヘッドと、新たに採用された「ルール適合外シャフト」に、こちらもグレードアップされたボールとの組み合わせで、飛距離が落ちてきたシニアでも「パーオンできる喜び」を再び感じることができる。


 2代目の「ゼウスインパクト」のヘッド体積は前作とほぼ同じ480cc。ただし飛距離につながる反発力(COR値)は0・855にアップした。

 ヘッドには「ドライビングブースター」を搭載。これはヘッド後方のクラウン&ソールの剛性を高めることで、インパクト時のクラウンの変形を抑制。たわみをフェースに集中させることで反発性能を高めたものだ。また打球音はよりスピード感のあるパワフルなものになり、シニアゴルファーでも打った瞬間に手ごたえのある打音が響き、気持ちよく飛んでいく。

 さらに今作ではシャフトに剛性差をつける、という新たな点に着目したのが大きな進化ポイントだ。ゴルフ規則では「シャフトはどの方向にも同じとなるようにたわむこと」と定められているが、このシャフトはトー・ヒール方向の剛性を高めている。スイング時には、飛球線方向だけでなく、トーが落ちる方向にもしなる。これがボールが右に行く原因にもなる。それをトー・ヒール方向の剛性を半フレックスほど高めることで、ヘッドが自然に返り、しっかりつかまった球が打てるようにしたというわけだ。

 今作ではレディースモデルもラインアップ。白とピンクを基調にした女性好みのデザインを採用。さらに女性のヘッドスピードでも気持ちよく感じる打球音を実現。

 

「ゼウスインパクト」のボール

◇最大48・3ヤード飛距離がアップしたというデータも=「ゼウスインパクト」のボールは、前作と同じ直径42ミリのスモールサイズだが、中身は大きくリニューアルされた。

 ドライバー同様、反発力をアップさせたのに加え、柔らかさは13%向上。さらに超大径の新ディンプル採用で空気抵抗を減らし、ドライバーのスピン量を抑えることで「ラン」で距離を稼げるようになった。

 キャスコのテストでは「ゼウスインパクト」のドライバーとボールの組み合わせで、適合クラブ&ボールと比べて最大48・3ヤード飛距離がアップしたというデータもある。

 そしてボールにも、クラブ同様にレディースモデルがラインアップ。ドライバーとのコンビは最強のものになるはずだ。


◆全国各地で試打会開催中=驚異の飛びを実感するには全国各地で行われている試打会に参加するのが一番だ。

 ここでは各スペックを実際に打てるだけでなく、試打をした人全員に「ゼウスインパクト」ボール1個がもれなくプレゼントされるので、次回のラウンドではコースで驚きの飛びを体感してみよう。

 日程、場所についてはホームページでチェックを!

★ドライバーの価格(税別)は男女両モデルとも10万円。男性用のロフトは10・5度と11・5度。長さは46・25インチと45・5インチがある。女性用のロフトは12度で、長さは44・5インチ。ボールはオープン価格(実勢販売価格は1ダース6000円前後)。カラーは男性用が「ホワイト」「イエロー」と「オレンジ」で、女性用は「パールホワイト」と「パールピンク」がある。

【キャスコ】TEL0120・371・562

http://www.kascogolf.com/jp