【マスターズ】松山 練習場で約2時間打ち込み

2019年04月09日 11時30分

【ジョージア州オーガスタ8日(日本時間9日)発】ゴルフの祭典「マスターズ」(11日~)に出場する松山英樹(27=LEXUS)はコースには出ず、練習場で約2時間じっくり打ち込み、ショットの感触を確かめた。初出場の金谷拓実(20=東北福祉大3年)と今平周吾(26)、昨年に続き2度目の出場となる小平智(29=Admiral)は9ホールをプレー。パトロンが入り、雰囲気が一変したコースを味わった。

 コース、練習場とも午後3時ごろには強風、雷雨の恐れでクローズ。その後、強い雨が降り、雷鳴もとどろいた。現地では9日も雷雨の予報が出ている。

関連タグ: