【マスターズ】世界1位ローズ 5番ホール警戒「一番タフになった」

2019年04月09日 11時30分

練習ラウンドで笑顔を見せるローズ(ロイター)

【ジョージア州オーガスタ8日(日本時間9日)発】ゴルフの祭典「マスターズ」(11日~)に出場する世界ランキング1位のジャスティン・ローズ(38=英国)が会見に臨み「世界ナンバーワンとしてここに来られるのはクールなことだ」と喜びを語った。とはいえ、昨年からランキングは頻繁に入れ替わる混戦状態。「私はまだ地位を築いている段階で走ってはいない。誰かがツアーを支配しているとすれば、この数か月はローリー(・マキロイ)だったと思う」と冷静に現状を分析した。

 今回の話題の一つは、ティーグラウンドが後方に移動し、40ヤード伸びて495ヤードとなった5番パー4。これについては「タフなホールが一番タフなホールになった」と警戒を強めた。1番、4番など、序盤は他にも難ホールが多く「6番まで1オーバーなら素晴らしいスタート」とオーガスタの厳しさを表現した。

関連タグ: