【ANAインスピレーション】畑岡奈紗「池に飛び込む自分の姿が…逆転イメージある」

2019年04月05日 12時00分

野村敏京は1オーバー(ロイター=USA TODAY Sports)

【カリフォルニア州ランチョミラージュ4日(日本時間5日)発】女子ゴルフのメジャー初戦「ANAインスピレーション」初日(ミッションヒルズCC=パー72)、前週優勝でインスタートの畑岡奈紗(20=森ビル)は11番パー5で最初のバーディーを奪うも、その後は出入りの激しいゴルフで3バーディー、4ボギーの1オーバーと出遅れた。

 樋口久子以来となる日本女子42年ぶりの海外メジャー制覇の期待がかかる畑岡は、3日のプロアマ戦後、優勝者が18番グリーン脇の池に飛び込む恒例のシーンに触れ「飛び込むイメージはできている。そういうふうになりたい」と、初出場した昨季の48位から大飛躍を宣言し「思い切ったいいプレーをしたい」と鼻息も荒かった。

 また米ツアー3勝目を挙げた直後、尊敬する宮里藍から「ああいうコースで勝てたので本当に強くなってきたね」とメッセージを受け取り、感激したという。先輩たちも目指し続けたメジャータイトルへ気を引き締め直し、2日目以降に巻き返すはずだ。

 他の日本勢では野村敏京(26)が5バーディー、6ボギーの73で1オーバー。比嘉真美子(25=TOYO TIRE)は2バーディー、4ボギー、1ダブルボギーのラウンドで、4ボギーの横峯さくら(33=エプソン)とともに76の4オーバーだった。上原彩子(35=モスバーガー)はラウンド中。