JGTOとベンツがパートナー契約 年間ポイントランク1位に賞金100万円とベンツSクラス

2019年03月15日 16時39分

会見に臨んだ青木会長(右から2人目)ら

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)とメルセデス・ベンツ日本は15日、都内で会見を開き、オフィシャルパートナー契約で合意したと発表した。これに伴い平均ストロークなど、9部門の順位をポイント化したトータルポイントランキングがメルセデス・ベンツトータルポイントランキングとなり、年間1位の選手には賞金100万円とメルセデス・ベンツSクラスが贈られる。

 会見に臨んだJGTOの青木功会長(76)は「選手のモチベーションになる」とツアーの活性化を期待。昨季の賞金王で選手会副会長の今平周吾(26)は「(賞金王との)2冠を狙いたい」と意欲を見せた。昨年、トータルポイントでは7位だった。

 メルセデス・ベンツ日本は日本女子プロゴルフ協会(LPGA)のオフィシャルパートナーも務めており、2012年からメルセデス・ランキング1位を表彰している。