男子プロゴルフ来季日程発表

2018年12月21日 16時30分

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は20日、来季日程を発表し、レギュラーツアーは1試合減の24試合となった。「レオパレス21ミャンマーオープン」と「ISPSハンダマッチプレー選手権」が中止となり、米ツアーと共催の「ZOZOチャンピオンシップ」(10月24日~、千葉・習志野CC)が新たに行われる。

 ただ「ZOZO――」は、優勝賞金2億円と、1試合で国内賞金王が決まる可能性があり、賞金ランキングへの加算額は50%に決定。

 JGTOの宇治重喜理事は「アジアツアーが米ツアーと共催した際の加算率を目安に決めた。0%、50%、100%という意見があった」と話した。 

 一方、ツアーの賞金総額は約8億円増えて42億9000万円。「ZOZO――」の賞金総額11億円を加算し、過去最高記録となった。