【国内男子ツアー】藤田寛之が地元・福岡で「69」首位に2差8位浮上

2018年08月25日 13時00分

 国内男子ツアー「RIZAP・KBCオーガスタ」2日目(24日、福岡・芥屋GC=パー72)、49位からスタートした地元・福岡出身の藤田寛之(49=葛城GC)が69をマーク、首位に2打差の通算4アンダー、8位に浮上した。今大会ではスタートホールで入場曲が流れ、藤田は財津和夫(70)が作った「サボテンの花」を選んだ。「財津さんは高校の先輩。(2012年の)賞金王記念パーティーに来ていただいて、歌も披露してもらった。普段、カラオケでは歌わない方だと聞いているので、本当にありがたいです」

 ツアー優勝からは今大会を含め3勝を挙げた2014年以来遠ざかる。「いい位置にはいるけど、今はそれを考える余裕はない。コンディションを整えるだけ」。地元で4年ぶりの19勝目となるか?