【全米プロ】青シャツで登場・ウッズの飛距離は健在

2018年08月09日 16時30分

多くのギャラリーに囲まれたウッズは笑顔(ロイター=USA TODAY Sports)

【ミズーリ州セントルイス8日(日本時間9日)発】男子ゴルフの今季メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」(9日~、ベルリーブCC=パー70)の開幕を前に、メジャー15勝目を狙うタイガー・ウッズ(42=米国)は午後からコースに姿を見せ、インの9ホールをラウンドした。

 練習場に設置された弾道計測器では3Wでも300ヤードを記録。ツアーのデータでは平均304.5ヤードで32位とはいえ、まだまだ飛距離は衰えていない。

 最終日の赤いシャツがトレードマークだが、開幕前日のこの日は青いシャツで登場。優勝争いを見据えたように練習グリーンではショートパットの練習を入念に繰り返した。地元紙の「セントルイス・ポスト」は早くも「すべての視線はタイガーに注がれている」と会場の盛り上がりを報じた。本当の興奮をもたらす戦いがいよいよ始まる。