ゴルフ片山に制裁金30万円&厳重注意 アマチュアA氏は謝罪受け入れ

2018年06月27日 19時42分

謝罪する片山晋呉

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は27日、都内で理事会を開き、5月30日のプロアマで同伴アマチュアA氏に不快な思いをさせた片山晋呉(45=イーグルポイントGC)を厳重注意処分とすることを決めた。片山にはすでに30万円の制裁金が科されていた。

 片山はJGTOの青木功会長(75)、石川遼選手会長(26=CASIO)らと、その後の記者会見に出席。深々と頭を下げると「同伴競技者のA氏を不快にさせたことについて申し訳ありませんでした」と謝罪。加えてスポンサー、ツアー関係者、ファンに対しても騒動を謝罪した。

 会見に先立ち、複数の理事の立ち会いの下、青木会長から厳重注意があったという。

 JGTO理事でもある野村修也弁護士が委員長を務めた調査委員会の報告書によると、同伴アマのプレー中に無断で練習を行う不適切な行為はあったものの、侮辱的、暴力的な発言はなかったとのこと。今回の事例で懲罰(除名、出場停止)を科す明確な規定がないこともあり、今回の処分に決まった。

 片山は自らツアー出場を自粛しており、復帰については「少し考えて自分の中で整理がついてから」。報告書ではA氏が片山の謝罪を受け入れ、復帰を望んでいるとされている。