【米女子ツアー】畑岡奈紗が初V 驚異の21アンダーで10代初の快挙

2018年06月25日 11時30分

【アーカンソー州ロジャース24日(日本時間25日)発】米女子ツアー「アーカンソー選手権」(ピナクルCC=パー71)最終日、畑岡奈紗(19=森ビル)は8バーディー、ノーボギーの63で回り、通算21アンダーと驚異的なスコアで、米女子ツアー初優勝を遂げた。

 日本勢の勝利は昨年4月の野村敏京(25)以来で、10人目。2012年に22歳で勝った宮里美香を抜く日本勢最年少優勝で、10代初の快挙だ。