【国内女子ツアー】13位17歳アマ安田祐香のメンタルに宮里藍が脱帽

2018年06月11日 16時30分

 女子ゴルフの国内ツアー「宮里藍サントリーレディス」で大会アンバサダーを務めた藍は、10日の最終日、ともに思い入れのある成田と有村のプレーオフを見守り「どちらが勝ってもうれしいと思っていました。私の名前を添えていただいた最初の大会の優勝者なので、すごく記憶に残ると思う」。激戦を繰り広げた2人をたたえた。

 最終日一時首位に並ぶなど、13位と健闘したアマチュアの安田祐香(17=滝川二高3年)とは試合後に言葉を交わし「全然、緊張はしなかったと言っていた。私は彼女の年代で手が震えるような経験もたくさんしたので、最近の選手はメンタル力がついてきているのかなと思う」。

 安田はむしろ藍にツーショット写真を頼むほうがドキドキだった様子。「アイツ、ちょっと感覚がおかしいですね(笑い)」。新世代の活躍にも目を細めていた。