• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > ゴルフ > プロアマ戦で招待客に不適切対応の片山晋呉 以前から態度を問題視されていた

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロアマ戦で招待客に不適切対応の片山晋呉 以前から態度を問題視されていた


片山晋呉

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は6日、先月30日に行われた「日本ツアー選手権森ビル杯」のプロアマで招待客に対し、不適切な対応があったとして、片山晋呉(45=イーグルポイントGC)への制裁を検討していると発表した。賞金王5度、永久シード選手でもある国内ツアーの顔に一体、何があったのか?

 プロアマは大会スポンサーが関係者を招いて開かれるもので、多くの大会で開幕前日に行われている。試合直前とはいえ、選手はゲストを接待する立場。「同伴アマチュアに不適切な対応をしたり、不快感を与えるような態度をしてはならないこと」と準則にもある。

 しかも、今回は不愉快な思いをしたゲストがJGTOに対してクレームを入れただけではなく、プレー続行を断念するという異常事態。ツアー関係者によれば、問題があった当日「JGTOの青木功会長(75)、選手会長の石川遼(26=CASIO)がゲストに直接謝罪した」という。

 すでに片山を含め、関係者からの聞き取りを終えているが、加えて中央大学教授で弁護士の野村修也理事(56)と外部の弁護士からなる調査委員会を設置。問題の経緯だけではなく、JGTOの事前事後の対応についても問題点を調査し、その結果を2週間以内に公表するとしている。片山の処分については、6月中に懲戒・制裁委員会を開いて検討する。

 今回は迅速な対応となったが、一部の選手がプロアマで接待よりも、自身の練習を優先するケースがあることは以前から問題視されていた。ツアー関係者の間では片山もその一人と認識されている。

 今回の件も一部報道では、前の組の進行が遅れていることを理由に片山が次のホールに向かわずにパットの練習を続けていたことが発端。招待客は片山に同行を促したが断られたことで激怒し、わずか1ホールでプレーをやめて引き揚げてしまったという。同様のケースが過去にもあったとみられ、選手からは「今回処分されたとして、初めてだとしたら、そのほうが意外」という声も出ている。

 男子ゴルフ界は長年のスポンサー離れによる試合数減が深刻。華やかな女子ツアー、ゲストと世代が近いことが多いシニアツアーに比べ、プロアマの満足度が低いことがその一因とされてきた。

 青木会長は一昨年の就任以来、選手とゲストの円滑なコミュニケーションを図るため、同じティーグラウンドを使用するなど、プロアマの充実に取り組んできた。今回はそれに完全に逆行するトラブルだけに、今後のツアー全体への影響もゼロではなさそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!

【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!